ハッチラボ


旅行鞄に忍ばせたいカードゲーム その3 [Information]

画像(400x400)・拡大画像(640x640)

すみません、ちょっと間が空いてしまいましたが、旅のお供におすすめのカードゲームの紹介まだ続いてます。
今日は、お盆にみんなで集まったらやってやってみてほしいゲームです。
写真にある「ニムト」は、ドイツNo.1カードゲームと言われていますが、日本でもかなり有名なゲームなので、かくいう僕も大人になって初めて買ったアナログゲームはニムトだったと思います。
簡単なルールで10人まで遊べるため、シチュエーションを選ばないニムトは、どのゲームを買おうかな?と迷ってる場合に間違いない選択肢かと思います。
プレイ時間も1ラウンドは意外と短いので、適当な回数で終わらせる事もできますし、延々と続けて夜を明かす事もできます 笑
そうやって遊びたくなるほど、はまってしまいそうな楽しさがありますよ。

画像(160x160)・拡大画像(640x640)

現在のカードのデザインと異なります

ゲーム中の様子は「七並べ」に似ているかもしれません。場に4列にカードが並んでいて、10枚の手札から1枚を選んで全員で一斉にそれを表向けます。出されたカードを小さい順に4列のカードの右隣にルールに従って置いていきます。ただし、1列にはカードを5枚しか置く事ができないので、6枚目になるカードを出した人はその列にあったカードを全て引き取らなくていけません。
引き取ったカードは手札には混ぜずにマイナスポイントとして計算します。なので、みんな自分の出したカードが6枚目にならないように考えるのですが、そう思い通りにはならないのがこのゲームの醍醐味です。

画像(160x160)・拡大画像(640x640)

ヤバそうなカードは目立つ色に

そして、1〜104までの数字が1枚づつ書かれたカードには、牛のマークがついていて、このマークの数がマイナスポイントになります。
最大でマイナス7ポイントのカードもあるので、そんなカードのある列を取らされないように10枚の手札をうまく使っていきます。
10枚の手札がなくなったら、1ラウンドが終了です。1回やるとルールは理解できますので、1回目は練習、2回目以降を本番としてやってみてください。
誰かのマイナスポイントが66点を超えたらゲーム終了です。

何ラウンド制にするかを決めておいて始めてもいいですね。
1回やってみると面白さがすぐに分かってもらえると思います。
8歳くらいから遊べますが、大人が本気になってやった方が楽しいかもしれません。
お店で遊んでみる事もできますので、ぜひどうぞー。


TAGS : analog game

[ by chanman| 2014. 08. 05. (Tue) 14:55| ]

コメント

名前
メールアドレス 表示はされません
URL 名前にリンクされて利用されます
コメント
パスワード (削除時に利用)

この情報をCookieに保存させたい場合にチェック

ページのトップへ

HUTCHの8鳥です。Twitterでフォローしてね!

TWITTER

SEARCH


NEW

TAGS

COMMENT

LINK

Sandwitches

お問い合わせ

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog